ガブリエル・タルド年表 (Biographie de Gabriel Tarde)

※拙著『ガブリエル・タルド――贈与とアソシアシオンの体制へ』(洛北出版、2011年)、発売中です※

タルド文献表はこちら

年表

1843

  • 3月10日: ジャン=ガブリエル・タルド (Jean-Gabriel Tarde) 、ドルドーニュ県サルラ (Dordogne, Sarlat) にて生まれる (タルド0歳)

1850

  • ガブリエルの父ピエール・ポール・タルド (Pierre-Paul Tarde) 死去 (タルド7歳)

1862

  • タルド、眼病に冒される。25歳まで続く。 (タルド19歳)

1869

  • サルラの判事補 (juge suppléant) に任官 (タルド26歳)

1873

  • シャトラント県リュフェク (Chatrente, Ruffec) の検事代理 (substitut du Procureur de la République) に任官 (タルド30歳)

1875

  • 予審判事 (Juge d'Instruction) として再びサルラへ帰る (タルド32歳)

1876

  • テオデュル・リボー (Théodule Ribot) を中心として『哲学評論』 (Revue philosophique de la france et de l'étranger) 創刊

1877

  • マルト・バルディ・ドゥリスル(Marthe Bardy-Delisle)と結婚 (タルド34歳)

1879

  • 長男 ポール(Paul de Tarde, 1879-1948)誕生 (タルド36歳)

1880

  • 次男 アルフレッド(Alfred de Tarde, 1880-1925)誕生 (タルド37歳)
  • 8月:タルド「信念と欲望――その計測可能性について」 (La croyance et le désir : la possibilité de leur mesure) が『哲学評論』(Revue philosophique de la française et de l'étrangers, 1876年創刊) に掲載。これがタルドの最初の公刊された最初の論文となる (タルド37歳)

1885

  • 三男 ギヨーム(Guillaume de Tarde, 1885-1989)誕生 (タルド42歳)

1886

  • タルド『比較犯罪学』(La Criminalité comparée)公刊 (タルド43歳)
  • リヨン大学医学部法医学教授アレクサンドル・ラカッサーニュ (Alexsandre Lacassagne)、リヨン大学法学部刑法学教授ガロー (R. Garraud)、リヨン大学医学部法医学監督官 (chef de travaux)アンリ・クターニュ (Henri Coutagne) を中心に『犯罪人類学雑誌』(Archives de l'Anthropologie Criminelle et des sciences pénales) 創刊

1890

  • タルド『刑事哲学』 (Philosophie pénale) 公刊 (タルド47歳)
  • タルド『模倣の法則――社会学研究』 (Les lois de l'imitation: Étude sociologique) 公刊 (タルド47歳)
  • リヨン大学医学部法医学教授アレクサンドル・ラカッサーニュ (Alexsandre Lacassagne)、リヨン大学法学部刑法学教授ガロー (R. Garraud)、リヨン大学医学部法医学監督官 (chef de travaux)アンリ・クターニュ (Henri Coutagne) を中心に『犯罪人類学雑誌』(Archives de l'Anthropologie Criminelle et des sciences pénales) 創刊

1891

1892

  • タルド『刑事的・社会的研究』 (Études pénales et sociales) 公刊 (タルド49歳)

1893

  • タルド『法の変遷――社会学研究』 (Les transformation du droit) 公刊 (タルド50歳) 
  • 1月:ルネ・ウォルムス (René Worms) を中心に「国際社会学協会」 (Institut international de sociologie) が創設され、その機関誌である『国際社会学雑誌』 (Revue internationale de sociologie) 創刊される。タルドも加入し、「モナドと社会科学」(Les monades et sciences sociales) を寄稿 (タルド50歳) 
  • ラカッサーニュとともに『犯罪人類学雑誌』 (Archives d'anthropologie criminelle de criminologie et de psychologie normale et pathologique に雑誌名を改名) の共同編集者となる (タルド50歳) 

1894

  • タルド、司法省犯罪統計局長 (directeur de la Statistique Judiciaire au Ministère du la Justice) となりパリへと移住 (タルド51歳)
  • 5月-8月:デュルケム、「社会学的方法の規準」を『哲学評論』に4回に分けて掲載
  • 10月1日-4日:第一回国際社会学協会学会大会が開催される。そこでタルドはは「社会学のニ要素」 (les deux élément de sociologie) (タルド51歳)

1895

  • タルド『社会論理学』 (La logique sociale) 公刊 (タルド52歳)
  • タルド『模倣の法則』 第二版公刊 (タルド52歳)
  • タルド『社会学試論・雑文集』 (Essais et mélanges sociologiques) 公刊 (タルド52歳)
  • ルネ・ウォルムスを中心に「パリ社会学会」 (Société de sociologie de Paris) 創設される。タルドは初代パリ社会学会長となる (タルド52歳)
  • 『国際社会学協会年誌』 (Annales de l'institut international de sociologie) 創刊
  • 9月30日‐10月3日:パリにて第二回国際社会学協会学会大会開催 (タルド52歳)

1896

  • タルド「未来史の断片」 (Fragment de l'histoire future) を『国際社会学協会年誌』に寄稿 (タルド53歳)

1897

  • タルド『普遍的対立』 (L'opposition universelle) 公刊 (タルド54歳)
  • タルド、「社会科学自由学院」 (Collège Libre des Sciences Sociales) にて、『社会法則』の原型となる3回の講演を行う (タルド54歳)

1898

  • タルド『社会法則』(Les lois sociales) 公刊 (タルド55歳)
  • タルド、「社会科学自由学院」にて「権力の変遷」の原型となる講演を行う。 (タルド55歳)

1899

  • タルド『権力の変遷』 (Les transformation du pouvoir) 公刊 (タルド56歳)
  • タルド『社会心理学研究』 (Études psychologique sociale) 公刊 (タルド56歳)

1900

  • タルド、コレージュ・ド・フランスの近代哲学の座を占める (タルド57歳)
  • タルド、コレージュ・ド・フランスにて「間精神心理学」(Psychologie Intermentale) の講義を行う (タルド57歳)
  • タルド、コレージュ・ド・フランスにて1900年‐1901年の年度にかけて「経済心理学」 (La Psychologie Économique) の講義を行う (タルド57歳)

1901

  • タルド、コレージュ・ド・フランスにて1901年‐1902年の年度にかけて「道徳の変遷」 (Les transformation du moral) の講義を行う (タルド58歳)
  • タルド『世論と群衆』(L'opinion et la foule) 公刊 (タルド58歳)

1902

  • タルド、コレージュ・ド・フランスにて1902‐1903年の年度にかけて「刑事哲学」 (La Philosophie pénale :木曜講義) と「クールノー哲学の諸観念」 (Les idées philosophiques de Cournot :土曜講義) の講義を行う (タルド59歳)
  • タルド『経済心理学』 (Psychologie Économique) 公刊 (タルド59歳)

1903

  • タルド、コレージュ・ド・フランスにて1903‐1904年の年度にかけて「間精神心理学の諸要素」 (Les Éléments de la Psychologie Intermentale) の講義を行う (タルド60歳)

1904

  • 5月12日:タルド、パリにて死去 (タルド61歳)

1909

参考文献

meme mimeme mimesis